湯の山温泉でエナジーチャージしましょう~

御在所岳

湯の山温泉から、ロープウェイで壮大な風景が楽しめる御在所岳(標高1,212m)は、岩壁の傾斜が急でとても険しい山ですがツツジ科の花々が美しく、四季の変化富んだ山です。春にはツツジや桜、そして様々な植物が楽しめ、夏には避暑地として。秋にはアカトンボやハイキングと移りゆく秋の風景を堪能できます。冬には樹氷や冬山登山と、四季を通じて楽しむ山として最適です。その一方では「藤内壁」(とうないへき)などの岩肌を有しているので、ロッククライミングのメッカとなっている一面があります。厳しい冬には、氷壁や氷瀑のアイスクライミングを楽しめる山でもあります。

三重県側の湯の山温泉から、山頂直下までは一気に登れる御在所ロープウェイが通じています。そして広い山頂部は御在所スキー場になっているので、スキー場のリフトを利用して一点三角点のある西端の山頂まで行くことができます。

地質と地形

鈴鹿山脈は断層山脈になっています。このため三重県側から見た山脈の構造と、滋賀県側から見た山の構造がとても違っています。三重県側からは切り立っているので、そのため山頂から山頂へと続く峰すじ形もよく、それぞれの山からの眺望に優れています。

御在所岳は花崗岩質(石材としては御影石と呼ばれる)が多く、大昔の太古に堆積した花崗岩が侵食によって山肌に現れているので、いろいろな形の巨岩・奇岩が見られるのが特徴です。

中道登山道には「負ばれ岩」・「地蔵岩」・「立岩」、山頂付近には「大黒岩」と「富士見岩」、国見尾根には「天狗岩」と「ゆるぎ岩」があります。その他に周辺には「石門」・「きのこ岩」・「鷹見岩」などがあります。

この地形を利用している生物がいます。それはアキアカネ(赤とんぼ)です。。このトンボは初夏に、菰野(こもの)や四日市などの水田、ため池、川などで羽化(うか)します。夏の日差しが強くなると、御在所岳へ暑さを避けて移動してきます。また、御在所岳に秋が近づき気温が下がると、下界に舞い戻り産卵するという生態はとても特徴的です。

鈴鹿山脈は、多くの植物の南の限界(南限)としても有名です。ブナやカラマツなども滋賀県側の登山道で見ることができます。このため南からの植物と、北からの植物が入り乱れて咲いています。しかし残念なことに、国定公園に指定されているにもかかわらず、ここ数年、山野草を採取して持ち帰る者が後を絶ちません。そのような行為によって、絶滅に近い植物も多く見られるようになりました。

御在所岳の歴史

  • 安政5年 1858年5月 - 植物学者の伊藤圭介たちが、植物調査のために登頂しました。当時は菰野山(こものさん)と呼ばれていました。
  • 明治元年 1868年  - 浄蓮寺の僧覚順(がくじゅん)によって開山されたといわれています。
  • 昭和18年 1885年 - 山頂に一等三角点が設置されました。
  • 昭和14年 1939年 - 名古屋山岳連盟(現:愛知県山岳連盟)が「北谷道場」の山小屋を建てて、藤内壁のルート開拓が盛んに行われていました。
  • 昭和25年 1950年 - 第5回国民体育大会が愛知県で開催された際に、御在所岳の藤内壁で初めて岩登りコースで山岳競技が行われました。
  • 昭和34年 1959年4月 - 御在所ロープウェイが開業します。現在は通年運行されています。山頂までは約12分で到達できます。
  • 昭和39年 1964年  - 近畿日本鉄道が中心となって、鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まりました。
  • 昭和43年 1968年7月22日 - 鈴鹿国定公園に指定されました。
  • 平成18年 2006年11月30日 - ロープウェイ終点駅付近の山上公園にあった日本カモシカセンターが閉鎖されました。ニホンカモシカだけでなく、世界中のカモシカが見られるため学術的にもとても重要な動物園でした。
  • 平成20年 2008年9月2日~3日 - 一帯は集中豪雨のため、国道477号の鈴鹿スカイラインは大規模に崩落してしまいました。道路は通行止めとなり、武平峠の通り抜けが出来なくなりました。
  • 平成21年 2009年9月28日 - 従来の裏道登山道の南側に、新ルートになる迂回路のルートが開設されました。
  • 平成22年 2010年4月5日 - 豪雨被害で営業を休止していた藤内小屋が、一部改修されて営業を再開しました。 藤内小屋周辺などでは土石流の傷跡がまだ残っています。
  • 平成23年 2011年11月1日 - 豪雨被害のため閉鎖されていた国道477号の鈴鹿スカイラインが順調に復旧作業が進み前倒しで復旧されました。

温泉旅行に行きたい人へ

御在所岳へ登山

登山ルートは、一般的には三重県側(菰野町側)から登る方が近鉄湯の山線、三重交通バスといった公共交通機関や湯の山温泉などの宿泊施設、観光施設が集積しているので便利です。(近鉄湯の山線湯の山温泉駅→三重交通バス)

多くの登山ルートがあり、表登山道(表道)、中登山道(中道)、裏登山道(裏道)、峠谷登山道、一ノ谷新道、武平峠コースなど登山道があります。

そのほかに、裏道から分岐する藤内壁ルート(ロッククライミング)、藤内小屋から分岐して国見尾根を登るルートがありますが、かなりハイレベルのためと周到な準備が必要なので一般登山者には適していません。藤内壁は切り立った断崖なので、国見尾根ルートはガラ場を登るため落石が非常に多く危険です。

ロープウェイ利用以外では、国道477号の武平トンネル登山口からのルートが最短ルートです。片道だけ御在所ロープウェイなどを利用できるというのも三重県側からの利点です。

その他に本谷などのバリエーションルートもあります。湯の山温泉付近には、東海自然歩道があります。裏道と中道を結ぶバイパスの登山道が、新たに開設されました。

登山ルート

  • 御在所岳ロープウェイコース・・・ 御在所岳ロープウェイ湯の山温泉駅 - (約8分) - 山上公園駅 - 観光用リフト - 御在所岳(望湖台)、一般の観光客が利用します。(登山ではない)
  • 国見岳コース・・・ 湯の山温泉 - (蒼滝) - 日向小屋 - 藤内小屋 - 国見尾根(ゆらぎ岩・天狗岩) - 国見岳 - 国見峠 - 御在所岳山上公園 - 御在所岳
  • 武平峠コース・・・ 武平トンネル登山口 - 武平峠 - 長者池 - 御在所岳
  • 峠登山道・・・ 湯の山温泉 - 三滝川左岸 - 武平峠 - 長者池 - 御在所岳
  • 表登山道・・・ 湯の山温泉 - 三滝川左岸 - 御在所岳山の家 - 山上公園 - 御在所岳
  • 一ノ谷登山道・・・ 湯の山温泉 - 御在所岳山の家 - 鷹見岩 - キレット - 山上公園 - 御在所岳
  • 中登山道・・・ 湯の山温泉 - (御在所岳山の家) - 負ばれ岩 - 地蔵岩 - キレット - 富士見岩 - 山上公園 - 御在所岳
  • 裏登山道・・・ 湯の山温泉 - (蒼滝) - 日向小屋 - 藤内小屋 - 北谷左岸 - 富士見岩 - 国見峠 - 御在所岳山上公園 - 御在所岳
  • 鈴鹿山脈縦走路・・・ 釈迦ヶ岳 - 根の平峠 - 国見岳 - 国見峠 - 御在所岳山上公園 - 御在所岳 - 長者池 - 武平峠 - 鎌ヶ岳 - 岳峠 - 水沢岳 - 、鈴鹿山脈には、主稜線に沿った縦走路があります。

三重をもっと知りたい

御在所山上公園

御在所岳の山頂は、東西約600 mなだらかな地形になっています。御在所山上公園が整備されているので施設やレストランなどがあります。以前は山上にユースホステルがありましたが、閉館した後に解体されました。

山頂施設

  • 富士見岩展望台 ・・・ 公園の東端に位置する展望台です。空気が澄んだ日には、稀ではありますが、富士山が見られることがあります。
  • 御在所レーダ雨量計 ・・・ 山上公園の朝陽公園には国土交通省が設置した、屋上が白いドーム型のレーダ雨量計があります。
  • 日本カモシカセンター ・・・ 1960年から2006年まで開園されていたカモシカ専門の動物園です。現在は御在所自然センターの展示施設となっています。
  • 芭蕉池 ・・・ 山上公園の中央に小川が流れる芭蕉池があります。春にミズバショウなどの花が見られます。
  • 望湖台 ・・・ 山上公園の西端には、御在所岳の最高地点の花崗岩の巨石が積み重なった「望湖台」と呼ばれる展望地があります。展望台では琵琶湖や鈴鹿山脈の山々を望むことができます。
  • 長者池 ・・・ 望湖台の南には、小さな神社の祠とサンショウウオが生息する小さな長者池があります。
  • 御嶽大権現 ・・・ 山上公園の南西端には、御嶽大権現の鳥居と神社があります。

ページのトップへ