湯の山温泉でエナジーチャージしましょう~

山岳寺を焼き討ちした武将 その2

滝川一益の生涯 その2

武田討伐と関東を鎮定へ

1582(天正10年)になり、信長が甲州征伐を考えます。そして、嫡男の織田信忠に軍を与えて信濃へ攻め込ませました。この際に一益は信忠の軍監として攻略戦の主力となり働きました。この甲州征伐では武田勝頼を追い詰めて、天目山麓で討ち取るという功績を挙げています。また、甲斐で北条氏政の使者が信長に拝謁した際にも、やはり一益が申次を行っています。

戦後処理として、一益は上野一国と信濃2郡を与えられることにいなりました。それと同時に東国取次を命じられています。しかし一益は領地よりも、茶器(安土名物とも呼ばれた「珠光小茄子」)を所望しましたが、それは叶わなかったため、とても悔しがったという逸話が残っています。信長は名馬「海老鹿毛」と短刀を下賜、引き続き一益を関東統治の取次役にしました。一益の役名は史料により「関東守護」「関東ノ主」「関東御警護」「関東管領」などと伝えられていますが、このうち関東管領については、信長が足利義昭を追放していることと矛盾することになるので、事実ではないと思われます。(室町幕府の支配を認める事になる)

それ以後の一益は、上野箕輪城(群馬県高崎市)、次に厩橋城(前橋城)に入り、関東の鎮定にあたることになりました。一益は新領地統治にあたって、国人衆に対して本領は安堵することを申し渡したため、近隣の諸将が人質を伴って次々と出仕(出てきて仕えること)てくることになりました。この時、天徳寺宝衍と倉賀野秀景は側近となって、関東の北条氏政、佐竹義重・里見義頼だけではなく、奥州の伊達輝宗・蘆名盛隆とも連絡をとっていました。北条氏政には下野祇園城(栃木)を元城主・小山秀綱に返還させるなどしたことから、強大な権限を持っていた様子がうかがえます。但し、千葉邦胤、武田豊信は出仕を拒否しました。古河公方足利義氏とその家臣・簗田晴助には一益からの連絡自体が行われていません。

温泉旅行に行きたい人へ

本能寺の変そして神流川の戦い

1582年(天正10年)6月、信長が本能寺の変によって非業の死を遂げると、信長の死に乗じた鉢形城主・北条氏邦(氏政の弟)、小田原城の北条氏直(氏政の嫡男)たち総勢5万6千の北条軍が上野に侵攻してきました。

軍記ものの史料によりますと、一益は本能寺の変の事情を上野国衆に正直に打ち明けました。「滝川勢だけで北条軍と戦う決意である」と述べたと伝えらえています。またこれを北条高広の様に、上野諸将の真意を図る謀略と疑っていた者もいたとも伝わっています。しかし一益は6月12日付けの書状で、信長の安否を聞いてきた小泉城の富岡六郎四郎に対して、「京都の情勢は別状ない」と虚報を流していたので、実際の行動は全く逆で、信長の死を隠そうとしていたと考えられます。しかし氏政は信長の死を知り、一益に対しては親身な書状を送りつつも、上野獲得のために軍兵を集めました。富岡六郎四郎に対する書状は、6月11日付けの北条氏政書状に対する回答という説もあります。

こういった状況を見て、配下の藤田信吉が反乱を起こしました。信吉は5千の兵を率いて、一益の同族滝川益重と兵4千が守る沼田城を攻めて、水曲輪の一つを占拠しました。13日、益重から報告を受けた一益が2万の兵とともに駆けつけると、信吉は上杉景勝を頼って、越後へと逃亡しました。

続いて北条軍が迫っている事を聞いた一益は、そのまま2万弱の兵を率いて金窪城(群馬)を攻略して、金窪原で北条勢を迎え撃ちました。(神流川の戦い)6月16日の1次合戦では氏直・氏邦に勝利を収めて、北条勢を武蔵国境まで追いやりました。しかし19日の2次合戦では、関東衆に戦意がない状態で、一益本隊の上方衆2800ばかりで戦ったところ、北条軍の伏兵に襲われて大敗を喫しました。これを見た関東衆は次々と戦場を離脱して、一益はなんとか箕輪城に逃げ帰ることになりました。

この敗北によって一益は上野を保持できなくなりました。そして一益の本拠である伊勢長島に退去することに決めました。この時に一益は、上野国衆を箕輪城に招き集めて、別れの酒宴を開いたといいます。一益は用心のために、上野国衆の人質を伴って進んで、碓氷峠(群馬と長野の県境)で人質の一部を解放して、21日に信濃小諸城につくと全員を解放しました。上野国衆は一益を津田秀政の守る松井田城(群馬県旧松井田町)まで送ったといいます。

こうして信濃に入った一益は、安全に信濃を通過するために人質を得ようとして、徳川家康の家臣となっていた佐久郡の有力国人・依田信蕃に使者を送りましたが、信蕃はこれを了承し、佐久郡・小県郡の国衆の人質と、息子・依田康国を同行させたました。しかし、木曽郡の木曾義昌が一益の通行を拒否してきました。この人質の中には真田昌幸の母も加わっていたといいます。

一益は義昌に「通してくれれば佐久郡・小県郡の人質を進上しよう」ともちかけて、義昌はこれを了承しました。一益は義昌の居城・福島城で人質を引き渡し、ようやく織田の領国である美濃に入ることができました。一益は清洲にて三法師(織田秀信)に拝礼した後に、伊勢に帰ったといいます。この途上にあった27日には清洲会議が開かれていましたが、一益は出席していません。

三重をもっと知りたい

滝川一益の晩年

清洲会議の後に、信長の嫡孫・三法師が織田氏の後継者となりましたが、これに信長の3男・織田信孝は不満を持っていました。そして三法師を擁立した羽柴秀吉と、信孝を後援する柴田勝家の対立へと発展しました。一益は勝家に理解をしめし秀吉と戦いのいとぐち開きました。1583年(天正11年)に起きた賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家が敗北して亡くなります。ついで信孝も秀吉により自害させられたことによって、味方を失った一益は秀吉に長島城を攻撃されました。そして、約1か月間の籠城戦の末に降伏しました。一益は所領を全て没収されることになり、京都妙心寺で剃髪、丹羽長秀を頼って越前で隠居することになりました。

1584年(天正12年)、今度は信長の次男・織田信雄が、徳川家康と共に反秀吉の兵を挙げました。(小牧・長久手の戦い)一益の婿の滝川雄利は、織田信雄の家老を務めていましたが、一益は秀吉に隠居から呼び戻されたため、秀吉方となりました。この戦いで一益は、信雄方の九鬼嘉隆と尾張前田家を調略します。先に没収された蟹江城及び下市場城、前田城を同年6月、海からの上陸作戦により占拠する功績を挙げましたが、家康と信雄の軍に蟹江城を包囲されて、降伏を余儀なくされることになりました。(蟹江城合戦)

7月12日、以前からの約束によって、秀吉から次男の一時に1万2千石を与えられ、一益自身にも3千石を与えられましたが、嫡男の一忠は責任を負わされ追放されて、羽柴秀長に身柄を預けられました。同年11月に、滝川雄利は一益を通じて秀吉に接近して、織田信雄との和平をまとめています。

小牧・長久手の戦い前後にも外交活動を行いました。秀吉の東国外交にも関与しています。1584年(天正12)年6月に、秀吉から佐竹義重(沼尻の合戦に参戦中)への返書の添え状と、15856年(天正13年)11月、梶原政景への書状で、秀吉による小田原征伐を予告しています。

1586年(天正14年)9月9日に死去しました。享年は62と云われています。

滝川一益の子孫

一益には長男の一忠、次男で嫡子となった一時(かずとき)がいる他に、辰政・知ト斎・一治。そして婿養子には滝川雄利がいます。他に一族には、滝川益氏・滝川益重がいて、益氏または益重の子とされている前田利益も親族となっていますが、いずれも続柄は不明です。

家督は次男の一時が継いで、豊臣氏の家臣となりましたが、一時は後に徳川家康に請われて2千石で仕えています。一時は1603年(慶長8年)に早くに亡くなりました。嫡男の一乗はまだ幼い年齢だったために、1万2千石は没収されて2千石の旗本とされた上で、米子藩主中村氏に仕えていた長男一忠の子・滝川一積が呼び戻されて名代となりました。その後に、家督は一乗に返却されて、滝川本家として存続しています。

一積は大坂の役で戦功を立て、別家を立てて1千石の旗本となりましたが、徳川氏と敵対した真田信繁の娘達を保護したことから改易となりました。(後に一積の子で一益の曾孫にあたる滝川一明が旗本として滝川氏を再興)3男・辰政は備前岡山藩池田氏に、4男・知ト斎は因幡鳥取藩池田氏に預けられて、それぞれの子孫は岡山と鳥取の池田氏に仕えています。初代岡山藩主・池田光政の娘・六姫の夫・滝川一宗は辰政の孫で、後に医療に携わり医家として存続した瀧川家は知ト斎の子孫です。

婿の滝川雄利は片野(茨城県石岡)藩主となっていましたが、雄利の子・正利の代に減封されて、旗本となりました。この系譜から幕末には大目付になり、鳥羽・伏見の戦いの先鋒を務めた滝川具挙、伝習隊に入隊し戊辰戦争を通して活躍した滝川具綏が出ています。他に家老・木全忠澄の子で一益が滝川姓を与えたまたは、養子にしたとも言われている滝川忠征の子孫が、尾張藩で6,000石にもなりました。

滝川玄蕃一治は加賀藩前田氏に召し抱えられることになり、加賀藩3代藩主・前田利常の次男・利次が富山藩の開藩を許された際には、子の滝川一茂が家臣として随行しました。それ以来、富山藩において幕末の10代一信まで歴代家老職を勤めあげることになりました。滝川家菩提寺は富山市梅沢町海秀山大法寺。大法寺は富山藩前田家の菩提寺でもあります。

ページのトップへ